入院生活

25年ぶりに、入院生活をしてきました!
別に、けがをしたわけでもなく、病気でもなく…
私もびっくり!っていう入院です。
背中に、脂肪腫らしきものがかれこれ10年近くあるかもしれませんが、なにしろ、背中なので、見ることはできません。

先日、粉瘤ができ形成外科に行ったときに、背中の脂肪腫らしきものを見せたところ、みんな、脂肪腫を馬鹿にしているけれど、まれに、がん化することもあるので、5年以上もあるのは、調べたほうがいいといわれ・・・紹介状を書いてくれて…行ったところ、大きいので、入院して切ります!
説明の時、脂肪腫の長さをきるとすごいので、思わず、そんなに!と叫んでしまったら、一回り小さく切ってくれるということでした。まあ、背中だから、どうでもいいことですが…
ホント、大きいらしく、娘も大きい!というし、先生も、大きいから、大きいからというし…
そもそも、粉瘤の時も、最初、蚊に刺されたのかと思ってキンカンをぬっていたのですが、ちっともよくならず、そのうちなくなって…(去年の話)4月になって、また、同じところが、赤くなってきたので、さすがに、蚊ではないと思ったけれど、キンカンを塗ったけれど治らず・・・同じところなので、病院に行かなくては…とお持つつ、一体何かに行けばよいのか?
近くの内科では、絶対に違うだろうし…皮膚科は・・・こんなのは?赤くはれているし、痛いし…外科は、ちょっと大げさなのでは?など考えていたら1週間もたち、娘もどうしていかないのか言うけれど、何かにしたらいいか悩んでいると答えただけで、助言もないし…
そうこうしているうちに、痛くてたまらないし…
あっ!やけどの時にお世話になった、形成外科に行こう!と思い立ち、行ったところ、粉瘤だけど、化膿しているからねぇ。とか言って、横になってとか言って、どうするのかと思っていたら、いきなり、切られた!痛かったよ。
粉瘤は、早ければ、くるっときれいにとれるらしいけれど、私の場合は、薄皮一枚になっているような状態でして・・・こんなになっているのは、切るしかない!といってましたよ。切る前に一言いってくれてもいいのに…・
GWも休日診療してもらいましたよ。早くいっていればその前に終わっただろうに…なんでも早めがいいのよねぇ…それにしても、ほんと、何科に行けばいいのかわからないって、困るよねぇ…いい勉強になりました。
それにしても、去年のは、どうして消えたのかしら?先生は、粉瘤は、とらない限り、治らないとおっしゃっていたけれど…
そういえば、ちょうど、ほかのことで、抗生物質などを飲んだので、治ってしまったのかもしれない…・一時的にね。結局、また、復活したということですね。
まあ、粉瘤痕が、汚く残っていますよ。さらに、かぶれの後まで残っていて、汚い!腰なので、私からは普段は見えないのですが、今、見てきたら、汚かった!
随分、話がずれてしまいましたね。
その先生から、町屋の女子医大の形成外科を紹介していただき、早速行きましたよ。
話には聞いていたけれど、初めて行きました。古くて、継ぎ足しの病院っていう感じで…なんか、HPに、今度、足立区の港北というところに転院するようなことが書いてありました。大きくて立派になるんでしょうね。

さてと・・・まあ、手術は、なんてことないので…と、いうよりも知らない間に終わっているので…
入院生活のお話!
女子医大は、看護学校の専門学校もあって、その学生さんも来ていましたし、お医者さんのほうも来ていたみたいだけど、そちらの方とは、麻酔科ということで、手術に立ち会うということだったので、私的にはお会いしていません。
手術は、全身麻酔なので、うつ伏せになりますといわれたけれど、実際には、麻酔が効いてからなので、何も記憶がありませんでした。
終わってから、先生が、主人に、苦手な方も一らしゃいませが、取ったものをみますか?と聞いていたとき、当然のように、見ません。って答えていたけれど、私は見たかった・・・・たぶん、良性だと思います。と、おっしゃっていました。
その夜は、思っていたより、そんなに痛くもなく・・・
翌日の夜のが痛くて眠れなかった…
退院してもいいといわれたけれど、主人の都合が悪いし、背中なので、薬とかもぬれないし・・・結局長居をしてしまいました。まあ、私的には、楽でよかった!最近の病院の食事はおいしいし…
では、食事の写真を・・・
初日(6月24日の夕食)・・・
さすが、病院食!あ~と、ため息!
画像
こんなにご飯があっても、おかずがないじゃん!ところが、ご飯、そのものがおいしかったので、完食!味噌汁が付いてもいいだろうに、まあ、塩分の関係で、カットされているんでしょうねぇ。。。ブロッコリーも味なかったし…鰯を煮るのに、圧力鍋で煮れば、骨ごと食べれるので、安心だと思うけどなぁ。見栄えが悪くなったりするからかなぁ。それにしても、骨が邪魔だったし、食べられる骨なのに、残念でした。
翌日は、手術のため、絶食!
26日
画像
お昼のベーコンときのこのパスタがおいしかった!夜は・・・昔だったら、食べられなかったけれど、さすが、大人になって、お魚もひじきも完食して。。。おいしく頂けました。味付けがいいのとご飯そのものがおいしいところがいいですね。
27日
画像
お昼の山菜ごはんと玉子焼きがおいしかった!夜は、初めて味噌汁が出ました。まあ、どれもおいしかったし、今までの夕食の中では一番ですね。
28日
画像
お昼のチャーハンがおいしかったけど、ご飯が違うような気もしちゃったのは気のせい?夕飯は、同じ塩分を制限するならば、お漬物の代わりに、味噌汁のがいいな。
最後の晩餐?退院する29日の朝食!
画像
最近は、贅沢を覚えてしまい、この食パンのおいしくないこと!おなかがすいちゃうので、食べましたが、パンより、ご飯のがいいのになぁ。パンはおいしくなかった!
今年の4月より、一食460円の負担です。まあ、仕方ないか…でも、健康保険からも補助されているんですよ。
それにしても、昔と違って、おいしいってなんの。味付けがよかった!
ほかの病院は知らないけれど、町屋の女子医大は、おいしかった!栄養士さんの腕がいいのかな。
入院生活もなかなかいいですよね~あっ、私は、病気じゃなかったからか?
入院生活も、午前中は、なかなか忙しいのよ。
起床は。6時で、検温したりなんだり。。。先生の回診も早いし、身体を拭いたり・・・看護学校の学生さんの相手をしたり…あいている時間は、スマホゲームしたり、本を読んだり・・・久しぶりに読書しましたね。2冊読んできましたよ。
ドジだから、病室を間違えてしまったことも・・・わかっているのに、なぜだか、一つ前の部屋に入っちゃって…
なんだか、最近手術が続いているけれど、日帰りだったからねぇ~私の性格から言うと、日帰りだと、つい、動き回って、腫れてしまったりするので、入院して、のんびりしていた方のが、傷のためには、いいような気がしました。
私の人生で、一番痛かったのは、やけどの時ですね。痛くて痛くて、寝ることができませんでした!(目の時は、目よりも体中硬直したのか、筋肉痛でした)
やけどの時の痛みを思うと、これくらいで、痛み止めなんかいらないよな。と、思ってしまい、一度も、痛み止めをもらいませんでした。

最後に、手術してよかったな。と、思えることがありました。
今まで、背中に多少ですが、圧迫感があったのですが、亡くなったような気がします。まだ、抜歯をしていないけれど、今から、そんな感じなので、きっと、すっきりすると思います。
目の手術はしなきゃよかったかな?なんて思ったりしましたが、今回はしてよかった!
なんやかや、25年ぶりの入院生活を終えることができました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック